春の黄砂、花粉!青空駐車の方、ご注意ください 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

春の黄砂、花粉!青空駐車の方、ご注意ください 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » 洗車の雑学 » 春の黄砂、花粉!青空駐車の方、ご注意ください

春の黄砂、花粉!青空駐車の方、ご注意ください

こんにちは!コーティングハウスto Heartです!

やはり、今年の黄砂は異常ですね;
雨が降った翌日は、必ずと言っていいほど車が砂だらけになっています。

ガラスコーティング施工後、春に注意するべきこと…やはり「黄砂・花粉」です。
どうしても、ボディに黄砂や花粉が必ず乗ります。

その上から雨が降り、コーティングにシミが付いてしまいます。


20130409145358ee7_2015032310270733f.png

20130409145345ebd_201503231027062ca.png




「では、車にカバーをかけるのはどうか?」と考える方もいらっしゃると思いますが、
車のカバーは、どうしても表面が擦れてしまうのでコーティングに傷をつけてしまい
それが原因でツヤ感がなくなってしまったり、ボディがくすんだ感じになってしまうことがあります。

では、どうしたら良いのか。




sensya_20130409140200.png

よく、ネット上で書かれているのが「雨降り前の洗車」「雨上がりの洗車」です。

雨が降る前に洗車をしたほうが良い根拠は、黄砂や花粉がボディに乗った状態で雨が降るとコーティングにシミをつけてしまう ので、雨が降る前に黄砂や花粉を除去しようといった考え方です。

ですが、よく考えると雨にも黄砂が含まれています。(厳密に言えば、空気中の黄砂が雨に流されて降ってきます。)
なので、雨が降る前に洗車をして黄砂や花粉を除去しても、結局は雨によってまた黄砂が付着してしまうことになります。

つまり、「雨降り前の洗車」「雨上がりの洗車」どちらが有効かというと「雨上がりの洗車」だと思います。


タイミング

この時期は、雨が降った後 雨が上がった時 に洗車をしましょう!

ポイントは、できるだけ早めの洗車 です。

黄砂・花粉が乗ったボディに雨が降り、有害物質がコーティング上に付着している状態…
この状態が続くことは、コーティング面にダメージを与え続けていることだと思ってください。

さらに、時間がたてばたつほど汚れが固着し落ちにくくなるうえ、洗車した際に強く擦れば洗車傷が付いてしまいます。
ですので、やはり雨が上がったらできるだけ早めに洗車をするのが良いですね。


方法

(1)水の勢いで、黄砂や花粉をしっかり落とす

(2)泡立てた洗剤の、泡で優しく洗う

 ※日差しで洗剤が乾かないよう注意

(3)洗剤を残さないよう、きっちり水で流す

(4)素早く水分を拭き取る



PR : 商品掲載数、満足度ナンバー1のAmazon 高圧洗浄機

▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/106-f1079761