用途で使い分ける!カーシャンプーの成分:コンパウンド(研磨剤) 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

用途で使い分ける!カーシャンプーの成分:コンパウンド(研磨剤) 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » スポンサー広告 » 洗車の雑学 » 用途で使い分ける!カーシャンプーの成分:コンパウンド(研磨剤)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


用途で使い分ける!カーシャンプーの成分:コンパウンド(研磨剤)

こんにちは!コーティングハウスto Heart小牧店です
先日、久しぶりに私用でカー用品店へ行ってまいりました。


ここで、チェックしてしまうのが洗車用品・・・嫌な癖です(笑)


当店では、ガラスコーティング施工後のお手入れについて

「カー用品店で売ってる、何も入っていない安い中性洗剤が安心ですよ!」と、お客様にご説明させていただくんですが

こんなに洗車用品が豊富になった今
本当に何も入っていない中性洗剤があるのか?と疑問に思い、見てきました!

そこで本日から、『用途で使い分けるカーシャンプー』について更新していきます。

今回は、「コンパウンド(研磨剤)の成分が入ったカーシャンプー」についてです!







※カーシャンプーの違いについては、過去の記事を参考にしてくださいね!
  『濃色車用?ワックスイン?水垢取り?カーシャンプーの選び方


それでは、コンパウンド(研磨剤)入りのカーシャンプーについて解説していきます。


【コンパウンド成分入りカーシャンプーの用途】


ボトルの裏側(成分)に、コンパウンド(研磨剤)が入っているカーシャンプーは
表のパッケージに「水垢取り」「傷取り」などと書かれているカーシャンプーが多いですね。

その名の通り、研磨成分入りなので、ボディを洗いながら磨くことができる優れものです。


【注意点】

ボディを磨くということは、つまりボディを削る作業です。
ですので、使用方法を間違ってしまうと、知らず知らずのうちに洗車傷が…なんてことになりかねません。

また、撥水のコーティングをしているお車は
コンパウンド入りのカーシャンプーで洗車をすると、撥水が落ちてしまうことがあるので注意が必要ですね。

基本は普通のカーシャンプーを使用し、水垢を除去したい場合など、目的がある時に応じてコンパウンド入りのカーシャンプーを使用しましょう。


【使用方法】

(1)洗車前にボディ上の砂を、水でしっかり流しておく

(2)はじめは原液を水で薄め、泡立てて使用する

(3)水垢部分は、指圧でゴシゴシせず、手のひらで優しく洗う

(4)3で除去できなかった水垢部分は、原液をスポンジに付け、再び優しく洗う

(5)使用した部分は、すぐにカーシャンプーをしっかり水で洗い流す

(6)ボディの水分を拭きとる


【まとめ】

コンパウンドの成分が入ったカーシャンプーを使用する際、特に気を付けるのが洗車傷です。
洗車前に砂をしっかり流しておき、圧をかけず優しく洗うことで洗車傷を防止しましょう。



PR : コンパウンド入りのカーシャンプーはこちらで


それでは、次回は「弱アルカリ性の成分入りカーシャンプー」について解説します!


▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/115-d1c8c7a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。