車の黄砂がヤバい!はたきはNG!シミ・傷を付けない洗車 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

車の黄砂がヤバい!はたきはNG!シミ・傷を付けない洗車 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » スポンサー広告 » 洗車の雑学 » 車の黄砂がヤバい!はたきはNG!シミ・傷を付けない洗車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車の黄砂がヤバい!はたきはNG!シミ・傷を付けない洗車

こんにちは!コーティングハウスto Heartです!

早いもので今年も3か月が過ぎてしまいました・・・



もう最近では黄砂がスゴイですね。
昨日なんかは車が砂だらけで大変でした。

さて、本日はそんな黄砂についてです!


■ 黄砂って車にどんな影響があるの?
■ 黄砂は雨が降るとヤバい!
■ 砂なんだからはたきで掃えばOK?
■ 黄砂が原因で付くシミ・傷を防止する方法!

それではまいります!

▼ 「 続きを読む 」をクリック!





■ 黄砂って車にどんな影響があるの?

まずは黄砂が車に与える悪影響についてです。

黄砂って、ただの砂汚れとは違うということをご存知でしょうか?


大気汚染が大問題となっている中国の砂であるため、汚染物質が砂に含まれたまま日本へ飛んできます。
この汚い砂、汚染された砂が「黄砂」なのです!

そう聞くと、車のボディに乗っている黄砂はすぐに落とした方がいいように感じますよね。

しかし、実は急いで落とす必要があるものではありません!

というのも、黄砂が塗装に悪影響を与えるのは、黄砂が乗っている事自体が原因ではありません。
黄砂が乗っているだけの状態では何の悪影響もありません。


■ 黄砂は雨が降るとヤバい!

そう、雨が降るとヤバいのです・・・というか黄砂が水分が付くとヤバい。

黄砂というのは、黄砂の1つ1つの粒の中に大気汚染物質が含まれています。


黄砂に水が付くと、粒の中に入っていた大気汚染物質が溶け出し、ボディへ垂れ流し状態に・・・

さらに砂は泥となり、後日雨が止めば固まり、ボディの塗装に強く固着してしまいます。


これをそのままにしておくと、大気汚染物質によって塗装面にシミができてしまいます!


ということで「車が黄砂で汚れてるな~」と思った後に雨が降った場合、

後日雨が止んだらできるだけ早めに洗車をしておきたいものです!


■ 砂なんだからはたきで掃えばOK?

「黄砂って砂だし、雨が降る前にはたきで掃えばいいんじゃない?」なんて考えてしまいがちです。

たしかにそれで落とせるのならそうしたいところですよね!


ですが黄砂をはたきで掃おうとすると、黄砂がはたきに絡んで、絡んだ黄砂が塗装に傷を付けてしまいます。

また黄砂は普通の砂よりも強く固着している場合が多いため、はたきだけでは落ちないこともしばしば・・・


さらに落ちない黄砂をはたいて・・・と悪循環に陥ってしまいます。


黄砂は洗車で落とすことをお勧めします!


■ 黄砂が原因で付くシミ・傷を防止する方法!


黄砂は洗車で落とすことをオススメします と書きましたが、黄砂が付いた状態で洗車する時には注意点があります!


<黄砂洗車の注意>

黄砂は普通の砂汚れよりもしっかり固着しています。

洗車でゴシゴシ洗うと洗車傷となってしまうので、落ちない汚れにも力を加えず優しく何度も洗いましょう!

また水洗いだけでは大気汚染物質までは落とすことができません。

必ずカーシャンプーを使って洗ってくださいね!


シミが付きにくいため、中性のカーシャンプーがオススメです。

ボディークリン800ml 中性

価格:2,674円
(2016/2/29 13:55時点)
感想(810件)





中性カーシャンプーについての詳細はこちらで解説しています!
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/317-b1b489f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。