「ガラスにワックスが付いちゃった!」専門店が教える♪簡単な取り方・落とし方 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

「ガラスにワックスが付いちゃった!」専門店が教える♪簡単な取り方・落とし方 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » スポンサー広告 » ウィンドウ・ガラスの雑学 » 「ガラスにワックスが付いちゃった!」専門店が教える♪簡単な取り方・落とし方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ガラスにワックスが付いちゃった!」専門店が教える♪簡単な取り方・落とし方

CIMG0776.jpg


こんにちは!コーティングハウスto Heartです。

当店、実はYahoo!知恵袋をやっているのですが…(http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/glasscoating_jcoat

先日、あるご質問が寄せられました。


ガラスにワックスが付いてしまいました。
除去する方法はありませんか?



はい、あります!!(笑)


ちなみに、

「夜、対向車のヘッドライトで前が見えない!」
「フロントガラスがギラギラしてベトベト。」
「洗車をしても油膜が取れない…」


こんなお車のフロントガラスも、同じ方法で綺麗になっちゃいますよ!


ということで、本日は…
『ガラスに付いたワックスの取り方・落とし方』を詳しくご紹介しますね。



↓「続きを読む」をクリック!!






目次



  1. ガラスのワックス・油膜の除去、用意する物は?


  2. ガラスに付いたワックス、落とし方の手順!


  3. ワックスや油膜の取り方・落とし方、まとめ





ガラスのワックス除去、用意する物は?



用意するものは3つ!

1、カーシャンプー

ワックスや撥水剤入りは「油」が多く含まれているため本末転倒!NGです。
コンパウンドの入っていない物を使います。

同様に「艶出し」や「シリコン」などと記載されているカーシャンプーは避けましょう。
何も入っていない、最もシンプルなものでOKです!

▼こんなやつです!▼

【送料無料】[TARO WORKS] カーシャンプー

価格:1,880円
(2016/11/14 14:41時点)
感想(23件)





2、洗車道具

普段お使いの「バケツ」「スポンジ」で大丈夫です!


3、油膜取り剤(コンパウンド入り)

カー用品店の、ガラスケアのコーナーにあります!
「油膜取り」と書かれたボトルですね。

裏を見て、成分に「コンパウンド」とあるものを選びましょう。

▼こんなやつです!▼

油膜クリン80ml

価格:2,263円
(2016/11/14 14:39時点)
感想(450件)




ガラスに付いたワックス、落とし方の手順!



それでは、早速ですがワックスや油膜の落とし方です。



<1、洗車をする>


まずは、いつも通り洗車をします!





(洗車の手順は、過去記事でご紹介しています ⇒ 

特に、これからワックスや油膜を除去するガラス面は、念入りに砂を落としておいてくださいね。




<2、油膜取り剤を使用する>


1で洗車をした後、ガラス面が濡れた状態から始めます!

①スポンジに油膜取り剤の原液を付け…




②ガラス面にムラなく伸ばし

③縦方向に磨き

④横方向に磨きます!



◆ポイント◆
縦方向、横方向に磨いたことで、磨き忘れを防ぐことができます!

さらにその後、円を描くように磨くと、より良いですね。

➄円を描くように磨きます!




<3、水でしっかり流す>


高圧の水、または大量の水でしっかりコンパウンドを流します!
水でコンパウンドを流し、ワックスや油膜がまだ残っていれば、何度も2~3を繰り返します。




◆油膜が残っている?その見分け方◆

ワックスや油膜が残っているかどうかは、コンパウンドを水で流す際に判断できます!

【ガラスが水が弾く場合】
まだワックスや油膜が残っています。
2~3をもう一度試してみてくださいね!

【ガラス面が親水する】
ワックスや油膜が完全に除去出来ている時には、水が親水します!
ガラスが水を弾かず、ダーっとガラス面にくっつくような、しみ込むようなイメージですね。

こうなれば、油膜取りは成功しています!




<4、洗車をする>


最後に洗車をすれば完了です!
ガラス面やボディに付いてしまった、2のコンパウンドを落とすためですね。

(拭き取りもしっかり行います。
過去記事でご紹介しています ⇒ 



ワックスや油膜の取り方・落とし方、まとめ



ギラつく油膜には原因があります!
まずは原因を知って、ある程度対策をしておくことがオススメです。


◆原因1「ワックスによるもの」

ボディに塗ったワックスは、雨が降ると少しずつ流れ落ちてきます。

車のルーフ(天井)に塗ったワックスは、雨で流れるとフロントガラスへ流れ落ちるのです。
これが紫外線によって劣化し、フロントガラスへこびりつき、油膜の原因となってしまいます!

対策:こまめに洗車や油膜取りをすること!
それが面倒な場合は、ワックス以外のコーティングをすることがオススメですね。


◆原因2「撥水洗車によるもの」

ガソリンスタンドにある自動洗車機には「撥水洗車」という機能がありますよね。
これは、洗車機に“撥水剤の含まれているカーシャンプー”がセットされているのです。

「洗車をしながら撥水加工をしている」という作業になります。
ワックスインのカーシャンプーなどを使用しているお車も、同じことが言えますね。

この「撥水剤」にもシリコン(油)が含まれています!
フロントガラスにワックスを塗りつけているような、そんな状態ですね。

また、ワックスと同じく、紫外線によって劣化し、フロントガラスへこびりつき油膜となってギラついてしまいます。

対策:こまめに洗車や油膜取りをすること!
面倒であれば、撥水なしのlコースで洗車することがオススメですね。

「こまめな洗車は嫌だ。でも、撥水してほしい!」という方は、撥水性のコーティングをしておくことがオススメです!


◆原因3「排気ガスによるもの」

排気ガスは、ガソリンのオイルが素となる気体です。
つまり、ワックスに同じく「油分」ですね。

これは、どんな対策をしていても、必ず付着してしまいます!

気が向いたときや、洗車のついででOKなので、たまに油膜取りをしておくとギラつきが抑えられますね。


ガラスについてしまった「ワックス」や、ギラギラと視界を妨げる「油膜」
これらは『油膜取り剤(コンパウンド入り)』で除去することができます!

<油膜除去剤(コンパウンド入り)>

油膜クリン80ml //

価格:2,263円
(2016/11/14 14:39時点)
感想(450件)




洗車のコツ参考:洗車の方法.com


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/326-f055dcd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。