「これって油膜?」フロントガラスが見づらい‼原因は何? 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

「これって油膜?」フロントガラスが見づらい‼原因は何? 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » スポンサー広告 » ウィンドウ・ガラスの雑学 » 「これって油膜?」フロントガラスが見づらい‼原因は何?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「これって油膜?」フロントガラスが見づらい‼原因は何?


stockvault-grungy-window-texture126778.jpg

こんにちは!コーティングハウスto Heartです。

さて、本日は連日の雨でお困りの方も多いはずの…
「フロントガラスの油膜」についてです!


ワイパーのせい?




拭いても直らない‼



そんな方へ対処法や、その原因をご紹介していきますね。



↓「続きを読む」をクリック!!






目次



  1. ガラスが見づらい!その原因は?


  2. 油膜の正しい取り方!





ガラスが見づらい!その原因は?



フロントガラスの内側ではない場合、見づらいのは、もちろん外側のせい。
外側に「油膜」が付いてしまっているため、見づらくなってしまっているのです!

※ワイパーが原因であることは少ないですね。

原因はいくつか考えられます。
ここでは、その原因に代表される3パターンをご紹介しますね。


<1、撥水洗車やワックス洗車をしていませんか?>


自動洗車機による「撥水コース」や、ワックスインの「艶出し」カーシャンプー。
これらには、たくさんの油分が含まれています。

油分によって、水を弾いたり、ツヤツヤにしたりしているのですね。

また、本来これらはボディを洗うために使用するものですが、そりゃ洗車時はフロントガラスも一緒に洗いますよね!

ということは、その油分はフロントガラスにも付いてしまっています。

しかも!その「油分」というのは、劣化が非常に早いのが特徴。

洗車でこまめに除去しなければ、すぐに劣化してしまい、ガラス面に固着してしまいます。

これがギラギラとする「油膜」となるのです。


<2、ボディのワックスを放置していませんか?>


ボディに塗るワックスというのは、実はあまり耐久性がありません。

その効果は、雨で少しずつ落ちていってしまうほどです。
もちろん、水洗い洗車でも落ちていってしまいます。

また、ワックスは油(ロウ)でできています。
付着したままにしておけば、もちろん劣化し、しつこい油膜となっていきます。

さて、そんな「ワックス」…
もちろんですが、車の天井(屋根)にも塗りますよね。

ということは、天井に塗ったワックスは、雨や水洗い洗車で上から流れ落ちてきています。
フロントガラスに付着してしまうのです。

つまり、フロントガラスにワックスを塗っているのと同じこと。

これをそのままにしておけば、紫外線などにより劣化をし油膜となって固着してしまうのです!


<3、シャンプー洗車をしていますか?>


ガラスにもボディにも何も塗ってない!だけどガラス面がギラギラする。
そんなときは、排気ガスが原因かもしれません。

排気ガスは、これもまた油(オイル)が含まれています。
また、油汚れのため、水洗いではなかなか落ちてくれません。

シャンプー洗車をあまりしない!という方…
そのギラギラの原因は、排気ガスによるものかもしれませんね。


油膜の正しい取り方!



さて、原因は何にしろ、油膜とは「油がガラスに付いて劣化してしまったもの」です。

劣化したうえガラスに固着してしまっているため、ただの油汚れよりも厄介!!

濡れた雑巾や油膜取りのウェットティッシュで拭くと、一瞬伸びて消えたように見えますが、少し経てばまた浮き出てきます。
洗車でもなかなか落ちてくれません。

じゃあ、どうやって落とすの?というのが気になるところ。


さて、その気になる「油膜の落とし方」ですが
前記事『「ガラスにワックスが付いちゃった!」専門店が教える♪簡単な取り方・落とし方』にてご紹介しています♪


洗車のコツ参考:洗車の方法.com


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/327-505ed9cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。