ウォータースポットが付きにくいのは、親水?撥水? 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

ウォータースポットが付きにくいのは、親水?撥水? 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » その他雑学 » ウォータースポットが付きにくいのは、親水?撥水?

ウォータースポットが付きにくいのは、親水?撥水?

こんにちは!
コーティングハウスto Heartです!


電話でのお問い合わせで「親水のコーティングはやってますか?」とのご質問がよくあります。

しかし当店では撥水コーティングしか扱っていません。
というのも、親水よりも撥水の方がウォータースポットが付きにくいのです。


そこで本日は
親水と撥水について更新します!!




今では主流の撥水コーティングですが、少し前までは親水がほとんどでしたよね!


そもそも…


超撥水とは?


高度な撥水性によって、面に対して150°を超える接触角で水滴が接する状態のこと

つまり…
超撥水
このように

ボディ上に水が乗った時、水が転がり落ちていく感覚です。

撥水図


そして、親水とは?

ボディ上に水が乗った時、面の全体的に染み込んでいくような感覚で
撥水とは逆に、全く水が弾かない状態のこと

滑水図


さて、ここでこういった疑問が出てきます。


「全体的に水が広がる親水の方が、ウォータースポットになりにくいのでは?」

「撥水だと、水玉がそのままボディに残ってしまいシミになるのでは?」



そう、親水コーティングが主流だったころではそういった発想だったのです。
しかし現在では撥水コーティングがかなり改良されてきました。

というのも・・・

親水だとボディ上に水分が滞在している状態が長時間続くので、強い日差しで水分が乾いたときにはウォータースポットとなってしまうのです。

しかし撥水であれば、側面などに付着した水分は水玉となって、ボディ上に滞在することなく転がり落ちます。
強い日差しで乾いてしまう前にボディ上から水分は無くなっている状態ですよね。

さらに現在ではより撥水を良くするために改良され続けているので、親水よりも撥水や改良された超撥水などの方がウォータースポットとなりにくいのです。


しかし実際は、撥水を好む方もいれば親水を好まれる方もいらっしゃいますし、もちろん親水には親水の良さもあります!

ですので一概に「撥水がおススメ」とは言いきれないですが、施工後の汚れの付きにくさもそうですし
洗車の手間や、洗車の際の拭き取りの楽さはものすごいな と私は実感しています。


ぜひコーティング選びの参考にしてみてくださいね!


▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013-12-30 20:09 │ from URL

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/44-f7a72ed8