キズを付けない洗車をしよう【2】正しい流し方 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

キズを付けない洗車をしよう【2】正しい流し方 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » 洗車の雑学 » キズを付けない洗車をしよう【2】正しい流し方

キズを付けない洗車をしよう【2】正しい流し方

(4)高圧の水で砂を落とす

砂や汚れを下へ下へと流すように、上から順に水でしっかりと流していきます。

※この時、上から順に水を流していかないと下部に多いドロや砂を巻き上げてしまい洗車傷の原因となるので注意です。


★ポイント「洗車傷の原因は砂の流し残し

ポイントは、砂や汚れの積りやすい上面
洗車上面

をしっかり流すこと!

洗車の水流

窓枠・バイザー(日よけ)・ドアノブの裏側・ライトの溝など

2洗車の水流


水の流れで砂や汚れの溜まった部分も
洗車のポイント
しっかり流しましょう。


あまり高圧の水を接近してボディに当てると塗装の剥がれにつながるので、注意しながら
この最初の流しで砂を落としきってしまいましょう!

▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/57-0d19d9ee