梅雨・雨季にありがちな発言(洗車編)ベスト3【1】 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

梅雨・雨季にありがちな発言(洗車編)ベスト3【1】 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » スポンサー広告 » 洗車の雑学 » 梅雨・雨季にありがちな発言(洗車編)ベスト3【1】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


梅雨・雨季にありがちな発言(洗車編)ベスト3【1】

こんにちは!
コーティングハウスto Heartです★

暑いですね…梅雨の晴れ間が一番キツいというか
なんかこうジメっと暑いのが嫌ですよね(笑)

そんな雨季のこの季節なので


タイトルの通りですが(笑)
梅雨・雨季にありがちな発言(洗車編)ベスト3

を紹介します(^^♪



★3位 「カラッとはれたし洗車しに行こうかな?」

★2位 「どうせ雨が降るし拭くのも面倒だから、走って風で乾かそう!」

★1位 「砂やドロで汚かったけど、雨で綺麗になったからよかった~」


誰もが1度は発言したことのある
言葉ですよね(´Д`)


コーティング屋で働いている私でさえ…(笑)


それはさておき、このベスト3
本当はたくさんの注意点が含まれています!!


そこで、本日は


第3位 「カラッとはれたし洗車しに行こうかな?」
について更新します♪



本日は、第3位

「カラッとはれたし洗車しに行こうかな?」についてです(^^♪

問題は、カラッと晴れたこと!!

雨の多い時期は毎日毎日雨が降り続けます。

降り続ける…つまりボディ上に雨水が
滞在し続けるわけですから、これは問題ありません


しかし!!その状態で晴れてしまう(気温が高くなる)と
ボディが熱くなるわけです。

ましてや鉄板ですから
雨水は簡単に乾いてしまいますよね(・_・;)


その時できてしまうのが
水垢や、このウォータースポットです

ウォータースポット

実はこれ、放っておくと
洗車しても取れないものになっていってしまうんです…。


では、どのような時になりやすいのか?

・雨の後カラッと晴れて、雨水が乾いた時
・晴れた日の洗車中に、ボディが熱くて水や洗剤が乾いた時
・洗車後しっかり水分を拭き取らずに放置した時
・晴れた日にウォッシャーを使用した時

などですね!

つまりは、

カラッと晴れた日に多いわけです(TωT)

では、どうしたらいいのか?


★ポイントは、時間が経てば経つほど
ウォータースポットは酷くなっていってしまうということです



まず、洗車ですが

雨降りの日々から突然晴れた日には
できるだけ早いうちに洗車してください♪

放置すればするほど、
酷く取れないものになっていきます!

暑く晴れた日の洗車では
しっかりボディを冷やすことが重要。



泡で洗う前にしっかり水で
ボディを冷やしてから洗車を開始し

洗っている途中でボディが温まってきたら
再び水でボディを冷やす…

これが大事です!



とは言っても

コイン洗車の手洗いだと
時間でお金が取られていくので

そうは言ってられないと思います(・_・;)



そこでおススメなのは、やはりチームプレイ!
つまり一人以上での洗車です!!

一人が泡で洗っていき
もう一人が水で流しながらボディを冷やす

これでかなり高率が良くなりますよね♪



次に、

洗車後しっかり水分を拭き取らずに放置した時

ウォータースポットになりやすいのですが

洗車後の水分の拭き取りも
一人以上ですればあっという間だと思います!!



最後に、晴れた日にウォッシャーを使用した時ですが

これは、ウィンドウから洗剤がボディに飛び散った場合
それが乾いてしまうと
ウォータースポットになりやすいので注意です!


洗剤も塗装が劣化する原因の1つなので

念には念を…ウォッシャー液の代わりに
水を入れて使用するのも手かもしれませんね♪



さて、1番の問題は


「ウォータースポットが付いちゃって
洗車したのに、もう取れないんだけど」
というお車です!


方法としては


まず、市販の水垢取りカーシャンプーで
ウォータースポットになってしまった部分だけを

スポンジでやさしく擦ってみてください。


★ポイントは、強く指で擦らず
スポンジの先でやさしく何度も擦ってみること
洗車スポンジ

強く擦ると洗車傷ができてしまうので要注意!


まだ、できたばかりのウォータースポットは
こうして取れることが多いのですが


この方法で取れない場合
ボディを磨いて取る必要があります!



ボディうぃ磨くというのは
とても繊細な作業で

経験者や業者でないとこれは難しいものです。


そうなってしまった場合、

放っておけば置くほど
ウォータースポットが酷く深くなっていってしまうので

できるだけ早めに業者へ
磨きに出すことをおススメします(´ω`)♪



では本日は以上です!

ここまで長々と読んで頂きありがとうございました!


ぜひ参考にしてみてくださいね★


▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/60-6653e361

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。