ポリマーコーティングの、ガラスコーティングとの違いを比較 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

ポリマーコーティングの、ガラスコーティングとの違いを比較 【コーティングハウスto Heart】名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ

名古屋、愛知のガラスコーティング専門店ブログ トップ » コーティングの雑学 » ポリマーコーティングの、ガラスコーティングとの違いを比較

ポリマーコーティングの、ガラスコーティングとの違いを比較

こんにちは!コーティングハウスto Heartです


最近では某コーティングメーカーのCMが流れるほど
車のボディコーティングが有名になってきました!

お車をご購入の際にも販売店でコーティングを勧められるほどですよね。


昔では、車をきれいにする=ワックス だった常識が
最近では、ポリマーコーティング→ガラスコーティング と変化してきました。


そこで本日は、ポリマーとガラスコーティングとの違いの比較をしていきます。




porima-.png

・専門店で施工すると値段が安い
ツヤが出るのでキズが目立ちにくくなる
・コーティングが柔らかいのでコーティング上に付いた細かいキズは、上から再びコーティングすれば消える
・再塗布が簡単にできる
・市販のコーティング剤があるくらい簡単に塗布できる

ディーラーさんがガラスコーティングと謳っているもの、これは厳密に言うとガラス系コーティング
ガラス系コーティングはポリマーコーティングの1つであって
ガラスコーティングではなく、ガラス繊維が少量入ったポリマーコーティングですね。
最近CMで目にする某コーティングメーカーもポリマーコーティングの1つです。


titititi.png

コーティングが柔らかいのでキズが付く
・洗車時にコンパウンドの入っているシャンプーを使用すると、コーティングが落ちる
・商品に書かれている数字よりも実際には持ちが短い(1~3か月程度)
・油が多く含まれるので、劣化するとしつこい油膜になる
頻繁ににメンテナンスをしなければならない
・市販のコーティング剤は一般の方向けに作られているため、簡単に塗布できるが品質は良くない


では、詳しくまとめていきます。


rekka.png

ワックス(ほぼ油でできている)が良い例で、ボディコーティングは油が多ければ多いほど塗布が簡単
ポリマーコーティングも同様に、一般の方でも塗布できるよう油が多く含まれています。

ワックスやポリマーのコーティング剤が市販で手に入るのはその理由で、さらに塗布が楽なものほどリーズナブルですね。


逆に、ガラスコーティングは塗布が難しいので、ほとんど油の含まれていないような高品質なコーティング剤は市販もされていません。

ですので専門店では人件費がかかり、専門店での施工料金も高いですよね。
油の多さや塗布の簡単さは値段と関係性があるのかもしれません。



jun.png

ワックスやポリマーは、塗っておしまい!
ガラスコーティングのように、化学変化をしてしっかり固まるわけではないので、ガラスコーティングほど効果が長持ちしてくれません。

そして、油を多く含んでいるのでコーティングの劣化が思いのほか早く
メンテナンスを怠ると塗装にダメージを与えてしまいます。


例えば、両者ともコーティング面が劣化してきた場合を比較すると…


ワックスやポリマーコーティングはそのコーティング自体が劣化している場合が多く
放っておくと塗装にダメージをあたえてしまいます。
これを元通りにするにはコーティングを除去し再塗布するしかありません。

ですが、ガラスコーティングの場合は、コーティングの表面が劣化している状態がほとんどです。

またコーティング自体が強いので、ボディを磨いてしまえばコーティング面を残したまま元通りにできるのです。


逆にいうと、ワックスやポリマーは除去し再塗布するのが簡単なのですが
ガラスコーティングは、もしガラスコーティング自体が劣化してしまった場合の除去は難しいです。


私もガラスコーティングの除去をしたことがあるのですが、ものすごい時間と労力を費やした覚えがあります。


reka.png

ワックス・・・持ちが悪く劣化が早いのですが、洗車するだけで簡単に除去できます。
ガラスコーティング・・・コーティングの持ちが良く劣化がとても遅いですが、除去するに難しいです。
ポリマーコーティング・・・上記の中間になります。つまり、長持ちはせず除去はワックスよりも難しいです。


matome.png

ポリマーコーティングは、とにかくツヤがすごいです。
ワックスのギラギラ感とガラスコーティングの透明感の中間といったら伝わるでしょうか、綺麗ですよね。


かつて車の綺麗を保つといえばワックスが主流だったのですが、洗車の手間を考えポリマーコーティングへ変わっていき
さらには、メンテナンスや効果の持続を考えガラスコーティングへと時代が変化してきました。


全てのコーティングに言えることですが、やはりメンテナンスを怠るとコーティングは長持ちしてくれません。

とくに、ポリマーコーティングの場合はガラスコーティングに比べると頻繁なメンテナンスが必要なので
車のために時間を作ることも大切です。

また細かいキズが付きやすいので、正しい洗車の方法を見に付けておくとより良いですね。


そしてポリマーコーティングはガラスコーティングとは違い、メンテナンスが重要なので
施工する前にメンテナンス方法をしっかり調べておくことが効果持続のカギとなります。


専門店や販売店で施工する際には担当の方に詳しいメンテナンス方法を聞くこと、
DIYの場合はしっかり説明書を読むことが長持ちの秘訣ですね。



PR : 尾張・愛知でガラスコーティングをするなら「 コーティングハウスto Heart 」で。



▶ 参考自社HP「 洗車プロNews 」

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://glasscoating.blog.fc2.com/tb.php/85-7700dc11